危険なハチに注意

蜂の駆除

自宅の周囲で蜂を見かける機会が増えたなどといった際には、自宅の軒先や庭木などに蜂の巣が造られてしまっている可能性があります。そういった際には、無闇に巣を探しまわったり蜂を攻撃する前に、単独で飛んでいる蜂をよく確認し、まずはその種類をよく確認するといいでしょう。これで蜂の種類がスズメバチだと分かった際には、一刻も早く蜂の巣の駆除を行なう必要がありますが、そうでなかった場合、玄関や窓、勝手口の近くなど頻繁に出入りするような場所に巣が造られていない限りは放置しても構わないためです。これは、スズメバチ以外の種類は攻撃性も低くおとなしい種類が多いためであり、蜂の巣に無闇に近づかない限りは、攻撃されることがほとんどないためです。それどころか、庭木で繁殖する毛虫などの害虫を捕獲してくれる益虫にもなるケースもあるため、上手く共存していく事が可能となっているのが覚えておきたいポイントです。

スズメバチの巣の駆除にあたっては、絶対に個人で肌を露出をした無防備な状態で行なってはいけないといったことは、覚えておくといでしょう。スズメバチに刺されると痛いといっただけでなく、アナフェラキシーショックという症状を引き起こす毒をその針に有しているため、最悪のケースでは命を落とす危険性もあるのです。そのせいあって、スズメバチの巣は一刻も早く駆除する必要があるものとなっています。この駆除にあたっては、害虫駆除業者や蜂の巣駆除などの専門業者に依頼をするのが一番確実かつ安全な方法となります。依頼する業者を探すにあたっては、自治体の害虫駆除を請け負っている部署などを活用するのもオススメです。信頼できる業者を教えてもらえるほか、一部の自治体では、スズメバチの巣の駆除にあたって掛かる費用の、一部料金の負担をしてくれる自治体もあるためです。